2020日記

神舞延期。四月の招魂祭が年度はじめの自治会行事。
おらは山の仕事・海の仕事を神経痛と折り合いをつけながらすすめる。
AKB71活動である。これはアワビ・アボカド・コッコー・ビワの、ビクや木を合わせて71そろえようと71歳から始めたおらが活動なのである。

山の仕事の場所は主にカタアと宇山というところで、しず坊からもらった土地を再開発していく。
以前田にしていた後、柑橘を植えていたようである。30年位前からの休耕地のようで、名残はハッサクの木2本。1本は3月末に見つかった。ミカンの木は1本枯れた木の形跡があるのみ。
山地もあるが、まず荒れた畑地の所の開拓である。畑地にはかなり大きな木や、竹が林になっている。
通常の一日のパターンは、まずアワビのビク2~4個のしごをして、山に行く。山の作業は藪の開拓とアボカドの植え付け、その他の果樹の苗の植え付け、果樹の間に少しの野菜を作るなど。気が向いたら釣りに出る。
社会全般はコロナで大変なのであるが、ビクの作業、山の作業は一人での活動でマスクも不必要な活動になる。
六月末現在、AKB農園にはアボカド43本、ビワ5本、コッコー4本、パパイヤ8本(うち3本は最近イノシシに掘り起こされ、瀕死の状態)、フェイジョア3本、オリーブ4本(挿し木したのがあと2本ついているようである)、ハッサク2本。まだ二年目なので収穫は昨年秋の野菜パパイヤ数個だけである。

アワビは小さいのを購入して、試験養殖という形で育てている。ビクの数20あまりで、目標のAKB71は達成した状態にある。
アワビをビクで育てることで大変なのは、ビクの掃除である。指導員さんの話では、アワビの足の部分(くっついたり動く部分)は粘膜みたいなもので、傷つきやすくびくの中をきれいにしてやらないと生存率が低くなると言うことである。その話を裏付けるように一年目はほとんど死なせてしまった。餌も十分とはいえなかった。
きれいにして餌をたっぷりやれば育つ。これがわかったことである。
餌はナカバエでアラメやワカメを採り運ぶことが多いが、神経痛で、ほとんどヒロコおばさんに運んでもらう。それとミチヨさんが磯に行ったときに採ってきてくれる。

右の1枚目の写真は刈りはいだところで横たわっているのはネムノキ。もとは田だったようだが、おなご竹の藪になっていた。
桜の木とネムノキはなるべく切らないようにしている。

6月20日は一年間たまった粗大ゴミ(金属類)の積み込み準備。若者の活動で、今年は量が少なめだった。22日に、台船に積み込んで持ち帰った。

6月24日には五月丸の船たでをした。作業はいっ君と金ちゃんに依頼。おらは足腰不調で作業不能。若者がいると本当に助かる。
おらの足腰不調は、どうも脊柱管狭窄症のようである。椎間板ヘルニアがまた進んだというところである。
ヒロコおばさんが「ウルトラマン」と呼んでくれるようになった。有り難い呼び方である。「活動は3分間」が共通しているということで中々いい呼び方だ。

AKB農園はカタア、宇山というところにあり、東の一番上の道を行き、急な坂を下りる。または中の道を行き、細い道を歩き上に上がる。どちらもバイクで行った後、徒になる。
6月末から7月初めは上の道から下がる急な細い道(この道が歩く距離が少しだが一番短い。)にを段をつけて、歩きやすくしている。小さい歩幅で約200歩の坂道である。ウルトラマンなので、3分間やっては休憩で中々進まない。
2枚目の写真はAKB農園からの景色。島はウヤシマ。

6月から7月にかけて、イノシシが歩いて、少し植えてあるジャガイモや、芋の苗をほじくった。
同じ頃、ゴーロ(3枚目の写真)とネムノキに花が咲いた。ムクゲも咲き出した。ゴーロは祝島の方言でコオニユリの花である。昨年種を採って植えてみたら何本か芽を出した。球根が大きくなったら花を着けると思うのだが、何年後になるだろう。

7月8日にアワビの餌にするアラメを採りに行く。頑張ってアカバアまで行ってみる。放流して2年と思われるアワビがいた。2つほど採って帰る。2つとも大きさ8㎝、重さ60gramでよく育っている。放流アワビは尻が緑色なのでわかる。卵から天然のアワビは山口県では10㎝以上でなくては採ってはいけないきまりである。
ムラサキウニも4つ採って帰り、夕食で食べる。

今年の雨は激しい。祝島では県道(垂水)が土砂が崩れて通れなくなった(7月10日頃)。ミウラの方の山道(町道)も通れないところが出た(16日)。九州の方は大変な被害である。

山口県でコロナ感染者が出た。7月18日の新聞では3人。
7月19日は海岸清掃。島の人150人くらいで海岸をきれいにする作業である。老齢になり、人数も減ってきたということで、有志で事前に草刈りなどをしてくれている。おかげで皆での作業当日は1時間半足らずで終えることが出来る。感謝である。


7月21日出張で室津に行く。早めに五月丸で行き、平生でセメントなどを買う。出張の用件が終わった後、試験養殖のアワビの稚貝を受け取りに室積まで行く。室積の港の中には、流れ着いた木や竹、草木などが海面を覆っていた。かき分けながらゆっくり入った。このところの大雨で瀬戸内海には流木などがたくさん流れている。
稚貝は14ミリ、0.4グラムの小さなもので1000個ほど買った。
祝島に帰り、4つのビクに分け、昨日採っておいたアオサとアラメを入れる。小さいアワビにはワカメが柔らかくていいのだろうが、今はもう磯にワカメはなくなっている。アオサとアラメで我慢してもらう。

2本植えてあるカタアのスイカが熟れ始めたのだが、多分カラスだろうものに横取りされてしまった。7月22日小玉スイカが半分残されていたので持ちかえり食べた。
孟宗竹を切った切り口に水がたまり、発酵し、酒の匂いがしているのだが、それを吸いにヒトリンバア(コガネムシ)が来ている(上から5番目の写真)。ヒトリンバアはよくシガラ(アキニレ)の樹液を吸っているのを見かける。

ヨボシでヤズが釣れる。今年はヤズが島の周辺から逃げないでずっといたようだ。今は1.5キロくらいになっている。(5匹を組合にイカス(販売する)と7.4キロだった)

7月28日ビクのしごをしていると雨が降り出した。梅雨の最後の雨になりそうだ。
AKB農園の夏草が茂ってきそうだが、アボカドやパパイヤの木も大きくなるのを期待しよう。