2021年日記

1月1日(金)晴れ 西風 寒冷 定期船唯一の運休規定日 新聞なし
朝日をユウベエ写真を撮りに東に行く。。ヒロコおばさんも拝みに行く。おらはヒラギから拝む。
昼前にヒロコおばさん達4人が行者に初詣。おらは自家用車で送った。
昼過ぎにわたやに行く。3人が飲んでいたのでおらも飲む。夕方から初詣の4人も合流した。暗くなって家までともちゃんに送ってもらった。

1月2日曇り 西風 寒冷
今年は年内に年賀状を出せそうだったが、結局この日になった。
アワビのビクのしごを二つほどした。

今年はアボカドが実を着けないかと期待をしている。島の活気付けのきっかけ作りになるのではとの期待もある。AKB作戦のスタートが切れるかどうか楽しみである。
「千里の道も一歩から」である。ただし、一歩歩く体力はあるのだが、千里も歩く体力は残ってなさそうではある。「塵も積もれば山となる」のほうが向いているかもしれないが「老年よ大志を抱け」という言葉もある。

1月3日 西風
消防訓練の日。おらは昨年までで退団した。ちょうど10年間の入団だった。神経痛で集団行動は無理になったのである。団員の皆様ご苦労様です。写真を撮ろうと思っていたが、間に合わなかった。

1月4日(月)晴れ 凪
AKB農園で、見晴らしのいいようにと少しずつ木や竹を切っている。
夕方近く釣りに出ようと思っていたら、船のメインスイッチを12月29日から切って無くて、バッテリーが上がっていた。釣りに出られず、充電した。

1月5日 曇り 西風
朝アワビの餌をナカバエに採りに行く。
カタアで作っている大根を5つ干す。

1月6日 曇り 西風少しずつ強まる
朝ナカバエにアワビの餌を採りに行く。重いので、ヒロコおばさんに運んでもらう。
出した年賀状が2枚帰ってきた。2組ほど2枚重ねて書いたのだろう。裏面だけの2枚が帰り、表の宛名を書いた方は帰っていない。浦が白紙の2枚が誰からかわからないまま届いているのだろう。新年早々の失敗である。

1月7日曇り 大西風 寒冷
風と寒冷は予想できていたので家での作業をした。タマを修繕し、ドウランをつくるつもりである。
網はヤフオクで買った。

1月8日(金)
東北、北陸の方は大雪。祝島での台風並の不安が続くことを考えると大変である。
コロナも感染者数が一桁増えてきた。

1月9日 晴れ 西風 寒冷
氷が張っている。カタアでは2㎝くらいの厚さ。アボカドの葉がしおれている。
facebookをユウベエ指導で作った。

1月10日(日)西風強 寒冷 積雪1㎝くらい
アボカド、びわがかなりのダメージだろう。
ドウランを作る。新庄小屋に挨拶に行く。

1月11日 朝起きると少し積雪
このところの寒冷は厳しい。あちこちで水道管が破裂して、担当者は大変である。
久しぶりに釣りに出る。ハナグリで鯛とアジがおかずほど釣れる。鯛がやってきたようである。ヤズは逃げたようだ。

1月12日 西風
カタアに行き、昔防風や土地の境目用に植えていた木を切る。大きくなりすぎて光をさえぎっている。切りやすいのはできるだけ切るつもりである。少し見晴らしが良くなってきた。
ドーラン作りの続きをする。ほぼできあがる。
まあちゃんに使用済みのロープをもらう。かかり釣りのいかりに使っていた5分のロープで100メートルくらいある。台風用に使うつもりである。

1月13日 西のち凪
朝はなぐりに釣りに出る。鯛とハマチを釣る。
昼はカタアで草刈り。午後の満ち潮を釣る。鯛とハマチを釣る。

1月14日 晴れ 凪
朝ハナグリに釣りに出る。鯛とアジを釣る。
昼はカタアで作業。帰りに明日の神明祭の竹を切り運搬。
午後満ち潮を釣る。鯛とアジを釣る。アジはいい形である。

1月15日晴れ 凪
神明様 東の海岸で執行 無病息災を願う。餅を焼く人もいて、あちこち配ってくれたりする。自発的健康祈願奉仕である。有り難いことだ。
昼から釣り。アジ数匹。

1月16日晴れたり曇ったり 西風
朝釣りに出るがアジ数匹。帰ってからは留守番や、タマ作り。

1月17日(日)晴れ 西風
AKB農園で草刈りや木きり。ハゼノキは今の時期でないとまけてしまうので日陰を作る邪魔なのは切っている。
相変わらずイノシシは活動している。
この前の寒でアボカドの多くが葉が枯れ、落ちていきそうだ。ベーコン種が強い。実生のハス種は寒に弱い。昨年くらいの寒なら大丈夫だったのだが、今年のは厳しかった。右の写真はハス種(実生1年生) 左の写真はベーコン種(接ぎ木苗2年生)